渋谷区恵比寿のカウンセリングルームフィーレスト ホーム > セラピストのご紹介ー日髙・梅澤・奥野

セラピストのご紹介ー日髙・梅澤・奥野

カウンセリングルーム・フィーレストのセラピストは、全員が臨床心理士資格を有しており、ソマティック・エクスペリエンス認定プラクティショナーでもあります。また、全員がお身体にふれることを通して自律神経系の自己調整力の回復を促す「解放のフィジオロジー」講座の修了認定を受けています。

日髙潤子(ひだかじゅんこ)プロフィール

◆経験20年の臨床心理士。精神科病院、スクールカウンセラー、大学/大学院准教授を経て、2012年にカウンセリングルーム・フィーレストを開設。自身がうつから回復した経験をもち、それを生かしたセッションを提供。

また、現在は、新しく【自信構築の専門家】として、起業家のマインドセット構築のサービスを提供している。

自信構築のサービスはこちらから ↓↓アメブロ 
【起業で行動できるマインドセット~経験20年の臨床心理士が教えます~】

日髙からのメッセージ

日高プロフィール写真【自信構築の専門家】

以前の私は、セラピストとしてセッションを提供しながら、同時に、私自身も長い間、原因のわからない慢性的な疲れやすさや体調不良、生きづらさなどを感じてきました。

うつ状態で通院・服薬を経験したこともありますし、セッションの提供を中断していた期間もあります。

ですから、長く続く症状や問題がどれほどつらいものか、どれほど私たちを疲弊させ、自信や希望をなくさせてしまうものか、よく知っているつもりです。

少しでも楽になりたくて、また、自分が提供しているセッションをよりよいものにしたくて、カウンセリングはもちろん、カイロプラクティック、野口整体、様々なヒーリング、ホメオパシーやフラワーエッセンスなど、代替医療も含めた多くのセラピーを受けたり学んだりしてきました。

それぞれに良さと効果がありましたが、疲れやすさや慢性的な身体の緊張はあまり変わりませんでした。

「これはもう一生つきあっていくしかないのだろう」…そう、あきらめていた頃、ソマティック・エクスペリエンス®というアメリカ生まれの新しい心理療法に出会いました。

そして、それほど多くはない回数のセッションによって、あきらめていた症状が変化しました。
さらに、症状だけでなく、人とのかかわり方、一人でいるときの落ちつき具合、外の世界をどう見るかなど、生きる上での基本姿勢のようなものも変わりました。

その効果の高さ、副作用の少なさ、回復プロセスの自然さと優しさ。

身をもってそれを体験した私は、必要としている人にソマティック・エクスペリエンス®を知らせたい、求めてくださる人にじっくり丁寧にセッションを提供したいと思うようになりました。

大学/大学院の准教授として心理学を教えるというやりがいある仕事を辞め、独立してカウンセリングルームを開いたのは、そのためです。

現在は、フィーレストの代表およびセラピストとしてセッションを提供しながら、
【自信構築の専門家】として、起業家のマインドセット構築のサポートを行っています。

【自信構築の専門家】としてのブログは、こちら ↓↓

【起業で行動できるマインドセット~経験20年の臨床心理士が教えます~】
http://ameblo.jp/feelandrest/

資格

臨床心理士(認定No.4127)
ソマティック・エクスペリエンス® 認定プラクティショナー
 (SE上級トレーニングアシスタント、SE上級セッションプロバイダー)

日髙の経歴等詳細

学位

鹿児島大学法文学部 人文学科 心理学専攻(名称は当時のもの) 心理学学士
日本女子大学大学院 人間社会研究科 心理学専攻 博士課程前期修了 修士(心理学)

所属学会

  • 日本心理臨床学会
  • 日本家族心理学会
  • 日本コミュニティ心理学会
  • 日本トラウマティック・ストレス学会

経歴

1988.4~1995.3 医療法人有隣会伊敷病院にて常勤の心理士として臨床経験をスタート。デイケアや青年期の方へのセッションを行う。
1995.4~1998.3 山梨県立看護短期大学(現 看護大学短期大学部)人間と健康の科学講座にて心理学系助手。
1998.4~2001.3 文部省(当時)活用調査研究委託事業のスクールカウンセラーとして、山梨県内の小中高校のべ4校で活動。
2000.4~2001.3  日本女子大学西生田カウンセリングセンターにて大学生を支援する非常勤カウンセラー。
2001.4~2012.3 目白大学人間学部心理カウンセリング学科に専任講師として着任し、心理学教育に携わる。退職時は准教授。
2002.4~2012.3  目白大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻(臨床心理士養成第一種指定大学院)に専任講師として着任し、臨床心理士養成に携わる。退職時は准教授。

私が思う回復とは

私にとって、表面に現れた症状や問題は「雲」に、私たちの本来の姿は、雲の向こうにいつでも輝いている「太陽」に、たとえることができます。

雲は、光をさえぎることはできても、太陽そのものをそこなうことはできません。

私たちも同じです。
表面上、さまざまな症状や問題を抱えておられるとしても、真のその人は何もそこなわれていません。

セラピストがそのことを信じ、症状や問題と格闘することによってではなく、それを超えてその人の真の姿を見ることによって、結果的に症状や問題に変容が起こる、それが回復ではないかと思います。

同時に、そのプロセスは、「よくなりたい」「変わりたい」と願い、そのために自分に向き合う用意のできたクライエントさんとの共同作業によって初めてなされるものでもあると思います。

実際のセッションでは、主にソマティック・エクスペリエンスというトラウマ・セラピー(心理療法)を用います。起こってくることを判断したり、分析したりせず、ただあるがままに(マインドフルに)身体の感覚に気づいていただきます。そうすることによって、「今」「ここ」に身体とともにいる瞬間が生まれてきます。

私たちは、「今」「ここ」にいるときにこそ、内なる治癒力に触れ、それを発揮することができるようです。

そして、「今」「ここ」に深く在ることを通して、「未来」や「過去」への怖れ、とらわれから自由になることができるようです。

私たちが怖れやとらわれから自由になればなるほど、雲の向こうの太陽…つまり、真の私たち自身をともに見出していくことができると信じています。

セラピーの手法

これらすべてに共通している私のあり方とは、

  • 真の自己はそこなわれていないという信念
  • 人の持つ治癒力への信頼
  • 人知を超えた大いなる存在にゆだねる態度

と、まとめることができます。

セッション、スーパーヴィジョンなどを受けてみたいと思われましたら、どうぞお越しください。
あなたがより楽に自由になっていくプロセスをお手伝いできれば、この上ない喜びです。


梅澤さやか(うめざわさやか)プロフィール

◆企業や企業EAP※にて、男女を問わず、会社員とのセッション経験を多数もつ。そのため企業内の事情や会社員の悩みに詳しい。

また、スクールカウンセラーや大学での学生向けカウンセラーなど、子どもや親子関係へのサポート経験も有しているため、家族のことで悩む会社員に対してもサポート可能。

※EAP(Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)とは、会社等と契約し、従業員の方が、社外でカウンセリングを受けられる窓口や、社内研修等を提供するサービス。

梅澤からのメッセージ

梅澤プロフィール写真

一つの会社の中でカウンセラーをしていたのではなく、職場外の相談機関に所属していたため、さまざまな業種、職種、役職の方とお会いする機会をいただきました(情報・通信業、製造業、サービス業、公務員等)。

職場ごとの特色や事情もあるのですが、ご相談いただく内容の中心は、職場の人間関係での悩みや働きがい、プライベートとのバランスの取り方など、どの職場にも共通するテーマでした。こちらが答えを持っている訳ではありませんが、カウンセリングを通じて、お一人お一人が納得できる在り方を一緒に探していく作業は、やりがいのあるものでした。

ただ、当時の私のカウンセリングは、お客さまとお話ししながら「頭で考えて」解決法を探っていくスタイルが中心でした。
会社員の方も「頭で考える」ことに慣れている場合が多く、それはそれでよかったのですが、私がソマティック・エクスペリエンスを学んでカウンセリングに取り入れたところ、それまでお客さまが「自分でも分かってはいるけれど、その場になるとつい○○してしまう」、「頭では理解できるけれど、なぜか思うようにできない」とおっしゃって行き詰っていたような部分が、比較的楽に変化していくことを目の当たりにしてきました。

それからは、私も、より「頭で考える」要素を減らし、ソマティック・エクスペリエンスの「感じる」、「身体に任せる」セラピーをたくさん提供したいと思うようになり、このフィーレストにてお客さまとお会いしています。

何か変えたいことがあり、ご自分でも考えたりあれこれ試したりしてきたけれど、もうひと押しがうまくいかない方に、セラピストがいるからこその変革を提供できたらと思っています。

一緒に取り組んでまいりましょう。

学位

筑波大学 第二学群 人間学類 心理学主専攻 卒業
目白大学大学院 心理学研究科 臨床心理学専攻 修了
修士(心理学)

資格

臨床心理士(認定No.14791)
ソマティック・エクスペリエンス® 認定プラクティショナー

梅澤の経歴等詳細

所属学会

  • 日本心理臨床学会
  • 日本カウンセリング学会

経歴

2003.4~2014.3 東京都内の公立学校で、スクールカウンセラー等として、小学校3校に5年、中学校2校に8年勤務。小・中学生やそのご家族、先生方を支援。
2008.4~2011.3、
2011.4~2015.9
EAP※サービスを行う会社2社にて、勤務。
・仕事・職場の悩み(職場の人間関係、転職等)や、プライベートの悩み(夫婦関係、子育て等)について、カウンセリングを行う。
・うつ病等で休職中の方とのカウンセリングや復職の支援に携わる。
・ストレスケアの方法や職場のコミュニケーション等について、従業員研修の講師を務める。
・うつ病等を抱えながら働く部下への対応について悩む管理職へのコンサルティングを行う。
※EAP(Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)とは、会社等と契約し、従業員の方が、社外でカウンセリングを受けられる窓口や、社内研修等を提供するサービス。
2013.4~現在

私立大学にて、大学生を支援する非常勤カウンセラー。
ソマティック・エクスペリエンスの手法を取り入れながら、対人関係や学業、就職・進路等についてのカウンセリングを行う。

セラピーの手法

 

奥野幸子(おくのさちこ)プロフィール

◆10年以上にわたる中学校教員を経て、臨床心理士資格を取得。

教員経験からくる子ども理解に加え、遊びを通じて子どものトラウマを癒す手法や、母子に同時にかかわりながらその関係をよりよいものに導く手法など、子どもと母親へのサポートが得意。

特に、子どもの学校での問題、子どもとのコミュニケーション、子どもの発達などで悩んでいる保護者、うつ、疲労、人間関係などに悩む教員に、これまでの経験を生かしたセッションが好評。

奥野からのメッセージ

okuno-frame今こうして臨床心理士として働く大きな糧となっているのが、教員としての10年余りの経験です。
教員時代は本当に子どもと過ごす時がとても楽しく、人として多くのことを学ばせてくれた子どもたちに今もとても感謝しています。
そして、臨床心理士として少しでも子どもたちとその家族のためにできることがあれば・・・と思うようになったのです。
この思いはこれからも変わることはないでしょう。
 
一方で、私がソマティック・エクスペリエンスと出会えたのは、心の奥底でそれを望んでいたからかもしれません。私が若いときに事故に遭い、半年ほど経ってから経験した激しい背中の痛みや、どん底に突き落とされたような感覚・・・。

ずっと理由のわからなかったことが、ソマティック・エクスペリエンスを学び、とても納得できたのです。そして、実際にセラピーを受け、多くのことが少しずつ変わり始めました。そして、今も変化が続いていると感じています。

これからも多くのことを学び続けるなかで、このソマティック・エクスペリエンスを軸に、トラウマに苦しむ子どもとその家族のためにできることがあれば共に探していきたいと思っています。

学位

目白大学大学院 心理学研究科 臨床心理学専攻 修了
修士(心理学)

資格

臨床心理士(認定No.20203)
ソマティック・エクスペリエンス® 認定プラクティショナー

奥野の経歴等詳細

所属学会

  • 日本心理臨床学会

経歴

慶應義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻卒業

卒業後、12年間公立中学校にて勤務。部活動顧問や担任を経験する

目白大学院進学、卒業後、臨床心理士資格を取得(平成23年4月)

現在に至るまで、小学校・中学校・高校にスクールカウンセラーとして勤務。また、保健センターでの乳幼児健診における心理発達相談員としても勤務。

セラピーの手法

ページ最上部に戻る